ローソファーの魅力

部屋が広く見える視覚効果

自宅でくつろぐ目的でソファーを購入する人もいますが、一口にソファーと言っても形状によって性能は大きく異なります。いくつかある種類の中でも、通常よりも座面が低い位置にあるのが特徴のローソファーならではのメリットの一つが視覚効果です。前述したようにローソファーは座面や背もたれなどが通常よりも低く設計されているため、立った状態で部屋に入った時に視界に入り難くなります。全体的な広さ自体は変わりませんが、視界が開けていることで部屋に入った時に広い印象を与えることができるのです。ワンルームのように限られたスペースの中で生活をしている人にとって、この点は大きなポイントになります。また、背もたれが低いことで壁の空きスペースを有効に活用できるのもメリットです。

足を伸ばしてくつろぐことができる

通常のソファーは座面の高さが一般的な椅子と変わらない位置にあるため、長時間使用していると膝や腰などに負担が掛かってしまうこともあります。ローソファーには最初から足が付いていない座面が地面と接地している形状の物も少なくありません。このタイプであれば床に座っているのと同じになるので足を伸ばしてリラックスした状態でくつろぐことができます。これにより、膝や腰に負担を掛けるのが辛いと感じる高齢者でも長時間座り続けることが可能です。通常のソファーでは地面に足が届かない小さいお子さんでも安全に座ることができます。地面に近い位置にあることで、冬場にコタツを設置した時もそのまま使い続けることができる点も魅力の一つです。