ローソファーのデメリット

既存インテリアとの高さが合わないことも

低さに特徴があるローソファーですが、その低さにより使っているインテリアとの、バランスが悪くなる場合がある点に注意しましょう。テレビ台やテーブル、収納家具などと高さがマッチしていないことで、チグハグな印象に見えたり、周りの家具による圧迫感が生じたりすることがあります。また、目線が低くなるとテレビを視聴しづらくなる場合もあり、ローソファーによってストレスを感じるかもしれません。これらの生じ得るデメリットを踏まえ、導入をする際には、既存インテリアとのマッチングをよく確認してみることが大切です。実際の設置イメージを膨らませながら、ロータイプが適した部屋なのか、ハイタイプの方がマッチしやすいのかを見極めましょう。

立ち上がる時に苦労する

ハイタイプのソファーですと体重移動が容易で、立ち上がる時の負担も少なめです。かたやローソファーですと、立ち上がり時の負担が増す場合がありますので注意しましょう。特にクッションが柔らかく、深く沈み込む構造ですと、体をよじったり手を使ったりしないと、前方へとスムーズに立ち上がれないことがあります。特に、腰や膝などに痛みがある人や、筋力の少ないお年寄りですと、使いにくい高さになり得ます。出番が多い家具だからこそ、できるだけ使いやすい物を選ぶことが大切です。なるべく実際に座ってみた上で使い心地をチェックすることが望ましいですし、デザインの良さや価格の安さなどの理由だけで、安易に選ぶことは控えるようにしましょう。

ソファーのニーズは多岐にわたり、和室でソファーを置く方も増えています。そのため、和風なデザインのソファーも増加傾向となっています。