洋室に置くローソファーの選び方

洋室にローソファーを置く場合のポイント

洋室にソファーが欲しい場合、ローソファーという選択があります。ローソファーとは一般的なソファーに比べて低く出来ていて、その分圧迫感が無いデザインになっています。狭い部屋に置く場合はもちろん、くつろぐためのリビングに置くソファーとしてもぴったりです。また、他のインテリアを邪魔することなく、すっきりとした部屋に見せてくれるのも人気の理由です。ローソファーを選ぶ場合は、まず置く場所の範囲を決めましょう。その上で、どのように活用するかもイメージしてください。というのも、ローソファーはユニークな形のものが多くあり、座るためというよりは、寝そべったりするためのタイプもあります。また、ベッドと兼用するタイプのものもあります。

洋室の雰囲気作りにぴったり

大きさを決めたら、次に注目したいのが色と素材です。ローソファーは高さがあまり無いため、圧迫感が少ないという特徴があります。とはいえ、色や素材によって部屋の雰囲気を大きく左右します。部屋を広く見せるためにローソファーを選ぶ場合は、床や天井、さらにはカーテンの色など統一するとより効果があります。異なる色を選ぶと、逆に部屋が狭く見えることもあるので注意しましょう。インパクトを演出したい場合は、思い切って赤などビビッドな色のソファを選んでもいいかもしれません。ソファの素材は布製が一般的ですが、中には革のローソファーもあります。高級感があり長く使えるので、重厚な雰囲気の部屋作りにはぴったりです。目指す部屋に合わせて選びましょう。

こたつでソファーを使う場合は、座面が数センチと低いものが適しています。一人用の座椅子タイプのものから、家族で使えるL字型のものまであり、用途に合わせて選ぶことができます。