ローソファーのメリット

インテリアに馴染みやすい

ソファーは家具の中でも存在感が強めで、設置をすることで圧迫感を覚えてしまうこともありますよね。それでもやっぱりソファーを使いたい、そんな人にはロータイプがおすすめです。低めのデザインですのでフロアにも馴染みやすく、ハイタイプと比べ存在感を抑えられます。インテリアとの調和も取れ、景観を大きく損ねてしまう心配もありません。また、広く見せられることで、開放的な空間づくりにも最適です。部屋との馴染みやすさが抜群のローソファーは、置き場所選びにも苦労をしにくいでしょう。ハイタイプですと設置場所を選びがちですので、置きたいところに置けない悩みが生じることもあるものですが、使い勝手の良いローソファーなら自由度の高いインテリアを楽しめますよ。

実用的で快適に使える

ローソファーは、日本人でも使いやすい存在です。西洋化した暮らしも生活様式として根付いてはいるものの、床での生活に慣れているという人も多いはずです。床に近い高さを持つローソファーは、ホッとする感覚を持ちやすく、座椅子のような気軽さで座ることができます。足を投げ出してリラックスでき、ゆったりと座れる使い心地も魅力です。低いデザインは子供にとっても安心材料となります。小さな子供ですとソファーの高さでも危険となり得るところ、ローソファーは落下のリスクが少なく安全性が高いです。子供がいることで家具の選択肢が狭まり、ソファーを置くことを諦めるケースもありますが、そんな家庭にとっても導入をしやすい家具と言えます。

フロアソファーは、座面の位置が低いため圧迫感がなく、お部屋を広く見せることができます。また、小さな子どもがいる家庭なら、ソファから落ちて怪我をするといった心配もなくなり、快適に過ごすことができます。